群馬県太田市の平原内科・消化器科です。経鼻内視鏡・大腸内視鏡・大腸ポリープ切除をしています。胃内視鏡検査についての説明です。

群馬県太田市平原内科・消化器科 hirahara clinic

群馬県太田市平原内科・消化器科

Home
お知らせ
医師のご紹介
当院のご案内
以前の平原医院
交通案内・アクセス
診療案内
生活習慣病
経鼻内視鏡検査
胃疾患
大腸内視鏡検査
大腸疾患
肝臓病治療
禁煙外来、AGA
漢方薬の紹介、理事長のページ
 
 
中年からのスポーツについて
太田近郊銭湯の紹介
太田近郊とお祭りの紹介
猫の紹介
平原内科消化器科のブログ


 
職員募集
携帯用の平原内科・消化器科のページ
サイトマップ
リンク


ご挨拶
内視鏡を楽に受けてもらうには。
ペプシノーゲン検査とは。
慢性胃炎
1 内視鏡の洗浄
2 上部内視鏡検査について
3 経鼻内視鏡検査写真
4 胃潰瘍十二指腸潰瘍について
5 ヘリコバクタピロリ菌について
6 逆流性食道炎について
7 胃がん胃がん内視鏡治療について
8 食道静脈瘤について

 ごあいさつ

 平原内科消化器科では高い技術をもとに安心してかつ楽に受けられる内視鏡検査を心がけています。

 内視鏡検査は血の検査などとは違いどの医師が行っても同じというわけではありません。医師の技量、経験がその診断に大きく影響します。 
 
 患者さんが楽に受けてもらう検査と見落としのない精密な検査、このバランスを考えます。

内視鏡検査を楽に受けてもらうには


 胃内視鏡検査を楽に受けてもらうにはどうしたらよいか。内視鏡を患者さんに楽にうけてもらう方法は消化器内科の医師にとって永遠に続く問答のようでした。

 楽に受けてもらいかつ見落としが無い診断。

 挿入の仕方、空気を入れるタイミング、空気を抜くタイミング。相手によりどうしたらよい変える必要があります。気が抜けません。

 自分でも完全に上手くいったな、100点と思えるのは少ない。

 経鼻内視鏡検査は悩める内視鏡専門医にヒントをくれましたが答えではありません。
完全に楽ではないし、完全な観察ではないからです。

 経鼻内視鏡検査はカメラを飲んでもらうところが簡単なだけであとはむしろ難しいです。上手な医師が行っても観察が困難な場所があります。組織診断のための生検が困難な時もあります。

平原内科消化器科では

@鼻から行う経鼻内視鏡。
A経口で行う今までの方法
B経鼻内視鏡を用いて口から行う方法。
C鎮静剤を用いて行う方法。


この中から患者さんにより使い分けてます。

Cの鎮静剤を使う場合には車で来院されることは危険なためできません。送り迎えができる方だけです。また患者さんの状態により麻酔が危険な事もあります。


経鼻内視鏡検査の実際

鼻から内視鏡検査を行うことができます。多くの人に楽にカメラを受けてもらうことが出来ます。

経鼻内視鏡検査とは、細いカメラを鼻から挿入して、食道・胃・十二指腸を調べる検査です。口から挿入する内視鏡検査と違い、のどの奥にある舌のつけ根に触れないため、挿入直後、検査中に吐き気を感じにくい

こんな利点があります。以前口から検査をして苦しかったという方にはお勧めです。

(検査をして鼻腔内が狭い場合には経口法に変更することがあります。経鼻のカメラを使用して経口でやるので普通に行う内視鏡より楽だと思います。)

◎ 予約時
検査日が決まったら、検査に関する説明と簡単な問診があります。電話でも予約は可能です。他院で内服薬をいただいている方はお薬の内容を書いた手帳などお持ちください。

抗血小板薬や抗凝固薬など血液の流れをよくするお薬については原則内服したまま検査を行っています。

◎ 検査当日(前処置)
来院されたら最初に、血圧を測ります。
風邪を引いたとか胸が痛かったなど変わったことがあれば医師または看護師にお話ください。

胃の中の泡を消すために、水のお薬を飲んでもらいます。

鼻の通りをみるために、金属のヘラに息を吹きかけてもらいます。
左右で通りが違う事が多いためです。


もう少し通りを良くするために、鼻の粘膜を広げるお薬を両方の鼻の中に噴霧します。5分待ちます。


時間になりましたらもう一度、金属のヘラに息を吹きかけてもらい、通りが良いと思われる鼻の中にゼリーの麻酔剤を注入します。鼻に栓をして5分待ちます。

再び時間になりましたら、ベッドに体の左を下にし両膝を曲げて寝てもらいます。

アゴの下に持参したタオルを敷きます。この時、ズボンのボタンやホック、ベルトは緩めておいてください。


@ が、鼻用のカメラになります。Aは、口用のカメラです。

口用に比べ鼻用のカメラの方が細くなっています。

検査が始まります。検査中の画像をご自分で見る事ができます。


検査が終了後医師より説明があります。

鼻の違和感は夕方にはなくなると思います。検査後、鼻を強くかむと出血することがありますので、気を付けてください。


喉の違和感が消えれば、食事や水分をとることは可能ですが、生倹(細胞を採る検査)を、行った場合には検査後1時間は、食事はとらないでください。当日はアルコールもとらないでください。
体調に問題なければ、翌日から普段通りでかまいません。
組織検査の結果が出るまでに、10日前後かかります。

費用はおおよそ
1割負担の方で1160円(初診、再診料等は除く)
生倹検査を行った場合、プラス1340円(一臓器のみ)

3割負担はこの3倍になります。3470円
(生倹時にはプラス4010円)
ペプシノ−ゲン検査とは

血清ペプシノーゲン値で胃癌の高危険群をスクリーニングする方法をペプシノーゲン法と呼びます。

 ペプシノーゲンとは胃液中に分泌される蛋白分解酵素ペプシンの前駆体であり、ペプシノーゲンT(PGT)とペプシノーゲンU(PGU)に大別されます。PGTは主として胃底腺の主細胞より分泌され、PGUは胃底腺の他に噴門腺、幽門腺、十二指腸腺に存在し、両者とも血中に存在しています。胃粘膜の萎縮が進むにつれ、胃底腺領域が縮小していくためPGTの量やPGTとPGUの比率が減少します。この度合いによって、胃全体の萎縮の進行度がわかるというわけです。
PGT値≦70ngかつPGT/U比≦3が基準値とされています。

 今までの調査で胃の萎縮が進む程分化型腺癌が発生しやすいことがわかっています。ペプシノーゲン法をスクリーニングに使用すれば、血液検査のみで胃の萎縮の進行している人、すなわち胃癌発生の危険のある人を絞り込めるわけです。
そのため、幾つかの自治体ではすでに胃癌検診に血清ペプシノーゲン法を取り入れています。その結果間接X線法に匹敵する胃癌発見率があり、さらに早期胃癌の割合が高かったと報告されています。

 しかし、一方でペプシノーゲン法には欠点が指摘されています。萎縮と関係なく発症する未分化型腺癌や、間接X線法では容易に診断できる進行癌が逆に見逃されると言われています。ペプシノーゲン法はあくまでも胃の萎縮のマーカーであり、癌の特異的マーカーではないからです。要するに結果が陰性でも必ずしも癌がないということができないということです。

慢性胃炎

内視鏡検査後「慢性胃炎です。」よくこう言われます。
でも慢性胃炎とは何か。

慢性胃炎には定義がいくつかあります。
@症状から診断される症候性胃炎。
A内視鏡的に診断される形態的胃炎
B組織的に診断される慢性組織的胃炎。

ヘリコバクタピロリが発見されて胃炎の診断も変わりました。
胃粘膜における慢性かつ持続的な炎症は多くがピロリ菌感染によるものと分ったのです。

ピロリ菌の胃の感染状態にいくつか種類があることが分かっています。
これが胃癌の発生率と関係があるので問題なのです。

@ピロリ菌による感染ははじめに前庭部から胃体部に広がる。炎症状態の持続により固有胃腺の減少をきたす。そして慢性萎縮性胃炎に至る。

A活動性胃炎が胃体部まで広がると胃癌のリスクが多くなる。

B胃体部に炎症の多い体部優勢胃炎は分化型胃癌の危険性が高くなることが分りました。

C肥厚性胃炎(enlarged fold gastritis)と呼ばれる胃体部大湾の壁が著明に肥厚する状態や、前庭部を中心として鳥肌状の肉眼像を特徴とする鳥肌胃炎(follicular gastritis)は未分化胃癌の危険が高い。

こんな知識を持ち注意して内視鏡検査を行うと見落としが減ります。

また肥厚性胃炎や鳥肌状胃炎も除菌治療により改善することが期待できます。



   内視鏡の洗浄  TOPへ

         最新式の自動洗浄機(エンドクリーン)を使用しています。
                 内鏡洗浄器 平原内科消化器科

 平原内科消化器科では患者さん一人ごとに完全な洗浄をおこなっています。このため内視鏡を行う前に血の検査をおこない感染症を調べる必要がありません。

 すべての患者さんに感染症があると考え最高の消毒を行っています。現在は知られていない未知のウイルスがあるかもしれませんよね。
 洗浄器は経費がかかります。保健請求が出来ないため病院の持ち出しになり頭が痛いことですが必要なことなので導入しました。
 経費がかからない酸性水を用いた洗浄器もあるようです。
環境問題も含めて宣伝も多いですが洗浄能力に問題がありやめました。確かに強酸性を使えば殺菌は出来ますが内視鏡を傷めます。
このため酸を弱くして使用するために洗浄力に問題がでるようです。
 
完全洗浄
のため患者さんの間の待ち時間(洗浄時間)がありお待たせすることがあります。
予約も直ぐに入らないことも含めご容赦ください。
安全な検査のためです。

 
 


              




ヘリコバクタピロリ菌について TOPへ

 胃潰瘍十二指腸潰瘍の原因としてピロリ菌が注目されています。この菌は胃の粘膜に慢性感染を起こします。胃がんとの関係が指摘されています。

 @日本人の約半分が感染していると報告されています。年齢が高くなるほど感染率が高くなります。
胃潰瘍、十二指腸潰瘍と診断された方は症状や再発を防ぐためにピロリ菌を退治、排除する除菌治療が必要です。また胃がんの内視鏡治療を受けた方、家族に胃癌や胃潰瘍に悩む方は当院にご相談ください。担当は院長です。

 Aピロリ菌に感染後は慢性胃炎になります。このなかで2〜3パーセントの方が胃潰瘍十二指腸潰瘍になります。潰瘍のある方は除菌治療の適用になります。慢性胃炎で症状の無い方は当面は様子をみていいと思います。だだし胃ガン検診は定期的に受けてください。

 B1994年世界保健機構はピロリ菌を確実な発癌因子に指定しました。ただしピロリ菌感染者のすべてが癌になるわけではありません。

 C除菌で胃ガン予防ができるか
2003年9月の日本癌学会でピロリ菌の除菌で胃ガンの発生が約3分の1に減ると報告されています。
 肝臓病のインターフェロン治療後に肝臓癌の発生は時間がたてば立つほど危険性が減るといわれます。
 おなじように除菌後もしばらくは保菌者と同じようなスクリーニングが必要だと考えます。

 D実際に除菌する場合には抗生物質を中心に、数種類の薬を併用して服用します。副作用がでる場合もあり、必ず医師の指導を受けながら治療して下さい。

 E副作用として下痢、軟便がでます。ペニシリンなどのアレルギーがある方は治療前にご相談ください。
 代表的な薬剤の組み合わせは、3種類です。
当院では、原則として1週間法で治療を行っています。
一度治療をした後の方は違った薬の組み合わせで治療をおこないます。

 F胃潰瘍または十二指腸潰瘍の方に対するピロリ菌の除菌療法は保険適応になっています。

 Gヘリコバクタピロリ菌の除菌治療の成功率が下がってきています。院長は除菌前にはppiを使用しない。やむを得ず使用する場合には時期をおいてから除菌。またアモキシリンを一日3回で投与をする場合もあります。
 タバコを吸っていると除菌が不成功になることが報告されています。



 そのほかヘリコバクタピロリ菌について

@除菌治療後に逆流性食道炎を起こすことがあると報告されています。
ピロリ菌によるアンモニア産生がなくなり胃酸が増えるからと考えられます。一過性のことが多いようです。

A除菌後に、ピロリ菌が原因でない胃癌と食道腺癌が、少し増える危険性を指摘した報告もあります。

B感染経路がまだよくわかっていません。
 子供の頃に感染が成立していると予想されています。
 水道以外の消毒されてない水と、よく洗ってない生の食品、食べ物の口移しが危険です。
 子供に口移しで食べ物を与えることが感染になるといわれます。
 ゴキブリが菌を運ぶことがあり、退治することが有効です。

C抗生物質の効かない耐性ピロリ菌の出現。
 マクロライド系の抗生剤の耐性菌が問題になっています。抗生剤の量を増やしても効果はないためマクロライドは常用量を選んでいます。

Dピロリ菌の除菌と禁煙
 ピロリ菌の除菌にはタバコの禁煙または節煙が必要です。
タバコを吸いながら除菌治療を受けると約50%の方が除菌に失敗しています。


倉庫から以前の内視鏡が出てきました
平原医院の歴史です。




東京オリンパス光学の文字が見えます。
GASTRO CAMERA 文字通り胃カメラです。
現在胃カメラと呼ばれているのは胃ビデオスコープです。

これは先端にフィルムをいれます。
胃の中はカメラでは直接には見れません。
部屋を暗くして腹壁を通す光やレントゲンを使用して場所を推定します。
そこでシャッターを押して写真にします。
現像するまで何が写っているか分かりません。

このカメラは古くなり胃ファイバーに代わりました。
胃の中を覗くことが出来るようになったのです。

院長の私はこの時代からです。

さらに電子ビデオスコープに代わりました。

いずれカプセル内視鏡に代わる時代が来るのでしょう。
昔の医者は口や鼻からカメラを入れるなんて酷いことをしていましたねと若い研修医に笑われるのでしょう。

平原内科・消化器科 
群馬県太田市小舞木町226
0276‐45‐3891
 
Home お知らせ 医師のご紹介 当院のご案内 以前の平原医院 交通案内・アクセス 診療案内 
生活習慣病 経鼻内視鏡検査・胃疾患 大腸内視鏡検査・大腸疾患 肝臓病治療 禁煙外来・AGA・ED 
漢方薬のページ 中年からのスポーツ  銭湯  太田近郊 猫の紹介 平原内科消化器科の日記
携帯平原内科消化器科 職員募集  リンク サイトマップ


Copy right© hirahara clinic All rights reserved
inserted by FC2 system