群馬県太田市の平原内科・消化器科のページ。高血圧の説明です。

群馬県太田市平原内科・消化器科 hirahara clinic

群馬県太田市平原内科・消化器科

Home
お知らせ
医師のご紹介
当院のご案内
以前の平原医院
交通案内・アクセス
診療案内
生活習慣病
経鼻内視鏡検査
胃疾患
大腸内視鏡検査
大腸疾患
肝臓病治療
禁煙外来、AGA
漢方薬の紹介、理事長のページ
 
 
中年からのスポーツについて
太田近郊銭湯の紹介
太田近郊とお祭りの紹介
猫の紹介
平原内科消化器科のブログ


 
職員募集
携帯用の平原内科・消化器科のページ
サイトマップ
リンク
    高血圧について。
血圧の正常値とは。
高血圧の定義
家庭血圧について
どれくらいの人が高血圧になっているのか
本態性高血圧とは
インスリン抵抗性と高血圧
高血圧のすこし詳しいおはなし
 血圧の正常値とは 

 院長が血圧の治療について患者さんに理解していただきたいのは血圧の細か い数値ではありません。

 血圧の正常値というのは健康値であると考えてください。血液データーの正常値とは違います。正常人、健康な人 を集めてその人たちの血圧の平均数値ではないのです。
 
 あなたが病気が発症しない血圧の値、それが血圧の正常値です。

 病気になりにくい血圧の数値を研究して決めているのです。ですから糖尿病などの方はより低い血圧が正常値として定められています。

 また研究が進めば数値も代わることがあります。それが血圧の正常値です。

 薬を飲み始めたら一生辞められないから飲みたくない。そんな風に考えないでください。気温が下がって薬を飲み始めて気温が上がったら薬を中止できる方も多くいます。
 
高血圧の定義

 細かい分類もありますが以下の通りで判断してください。糖尿病や腎機能障害がある場合にはより低めになります。

 正常血圧 <130oHg かつ <85oHg

 収縮期血圧が140oHg以上または拡張期血圧が90oHg以上が高血圧。
 家庭血圧計では135oHg、85oHgとされている。

 総死亡のもっとも低い点から相対リス10%上昇する点を高血圧とする定義がある。

家庭血圧について

 自宅での血圧の測定が薦められています。
測定の仕方です。

日本高血圧学会によれば「家庭血圧測定条件設定の指針」で、

 測定部位:上腕が推奨。手首、指血圧計の使用は避ける。

 朝の場合は、起床後1時間以内、排尿後、服薬前、朝食前の安静時、座位1〜2分後に測定。
 夜の場合は就床前の安静時、座位1〜2分後に測定。

家 庭血圧は135/85 mmHg以上は治療対象、125/75 mmHg未満を正常血圧としている。


どれくらいの人が高血圧になっているのか。

2000年の調査では30歳以上で男女合計50.2%


40歳代で男性42.9%女性22.2%
50歳代で男性56.2%女性46.0%

このように多くの方が血圧が高くなっています。
このうち降圧目標を達成できているのは1/4に過ぎないという報告もあります。



本態性高血圧とは

いまだに原因は不明。高血圧の90〜95%を占める。
高血圧発症に関わる遺伝子候補が決定しているが遺伝子そのものが血圧を上昇させるより環境による昇圧反応の程度が遺伝的に決定されていると考えられています。
いずれ原因がはっきりするとおもいます。


インスリン抵抗性と高血圧。

インスリン抵抗性症候群をメタボリックシンドロームと呼ぶ。
腹部肥満(アデポサイトカイン異常)とインスリン抵抗性の両者が問題になる。
腹部肥満(、内臓脂肪が多い場合)には減量が血圧の改善に極めて効果があることがわかりました。このため復位の測定が勧められています。

一日のうち低い血圧は就寝前血圧。早朝血圧は高い血圧を示すことがある。
夜間血圧がそのまま高い場合やモーニングサージと呼ばれる血圧上昇をみている。


高血圧についてすこし詳しいお話


 高血圧の原因ははっきりしていません。そのため本態性高血圧という名前でよばれます。
その中に2次性高血圧という原因がはっきりしたものがあります。

 腎実質性抗血圧、腎血管性抗血圧が比較的頻度が高いといわれます高齢の男性に多い。動脈硬化が原因の一つです。
腹部エコーなどを行い診断します。

ま た内分泌性高血圧もあります。このなかで
原発性アルドステロン症が多いことがわかってきました。

スクリーニングのために

血漿レニン活性と血漿アルドステロン濃度の測定をします。

PAC/PRAが200以上であれば疑います。
 以前言われていた低カリウム血漿は必ずしも伴いません。

家庭血圧では
正常値は125/80oHg未満
高血圧は135/85oHg以上
数値が低いことに注意してください。

最近の大規模臨床試験の結果の紹介です。

@HYVET(hypertension very elderly trial)
75歳以上の高齢者の治療は140/90を目標。血圧が高い人はまず150/90未満を目標にする。
血圧が高い高齢者も治療をするべきだという結論です。
 年齢に100を足した数値まで大丈夫とういう話は根拠がなかったようです。

AONTARGET(ongoing telmisartan alone combination with ramipril global endopoint trial)
ACE阻害薬とARBは効果は同等。併用は注意。
降圧剤の比較が行われました。

BASCOT-BPLA
Ca拮抗薬とARBの併用は利尿薬とB遮断薬に心血管イベントを抑制する点で勝る。
 これもどの薬が良いか多くの患者さんを元に比べました。

 新薬のほうが成績がよかったようです。

 血圧の薬の値段と効果が見合うかどうか、そんな経済的な観点でも比べられます。




平原内科・消化器科 
群馬県太田市小舞木町226
0276‐45‐3891

Home お知らせ 医師のご紹介 当院のご案内 以前の平原医院 交通案内・アクセス 診療案内 
生活習慣病 経鼻内視鏡検査・胃疾患 大腸内視鏡検査・大腸疾患 肝臓病治療 禁煙外来・AGA・ED 
漢方薬のページ 中年からのスポーツ  銭湯  太田近郊 猫の紹介 平原内科消化器科の日記
携帯平原内科消化器科 職員募集  リンク サイトマップ



Copy right© hirahara clinic All rights reserved
inserted by FC2 system