群馬県太田市の内科医院の院長が太田市近郊のお祭りのご紹介をします。

群馬県太田市平原内科・消化器科 hirahara clinic

太田市近郊・お祭りの御紹介

Home
お知らせ
医師のご紹介
当院のご案内
以前の平原医院
交通案内・アクセス
診療案内
生活習慣病
経鼻内視鏡検査
胃疾患
大腸内視鏡検査
大腸疾患
肝臓病治療
禁煙外来、AGA
漢方薬の紹介、理事長のページ
 
 
中年からのスポーツについて
太田近郊銭湯の紹介
太田近郊とお祭りの紹介
猫の紹介
平原内科消化器科のブログ


 
職員募集
携帯用の平原内科・消化器科のページ
サイトマップ
リンク
  
 太田近郊のご案内
世良田祇園 太田市・尾島のそばにある世良田の夏祭りです。
小林山だるま市 高崎市
桐生恵比寿講 桐生市 
尾島夏祭り
下仁田秋祭り
鬼石夏祭り昨年
平成23年8月 弘前ねぶた祭り
長女のユウキが市のフレンドシップでねぶた祭りに行ってきました。





























平成23年8月
鬼石祭り






























川瀬餓鬼 千代田赤岩の祭り。

平成22年8月18日
赤岩での夏祭りがありました。
水に関係するから雨が多いんだよねと地元の人が言います。
今回は花火の終了直後に大雨にふられました。

赤岩で古くから薬局をされていた石橋さんに招かれていきます。
父の古くからの患者さん兼友人。

地元の方の案内はこころ強い。
石橋さんは元商工会の会長。
敷地内に蔵がある家です。

詳しくいろいろと説明をしていただきました。

赤岩に豆腐屋さんがあった。そこに丁稚奉公に来ていた男の子が
利根川で泳いでいて溺れて水死した。その供養で始まったそうだ。

お寺の門は対岸の埼玉で日本の女医の初めてなられた方の家が没落。
壊すの惜しいので赤岩で購入。


祭りには屋台が必要。
以前に町の規制が入り屋台がない祭りもあったそうだ。
そんな祭りはつまらないですよね。

川岸に舞台が作られています。

お坊さんの読経のなか灯篭が流される。

花火。

川岸の花火大会は水平に発射されるものもある。
もちろん対岸でも見ている人はおおいから小さ目になります。

この不景気で太田市の花火は中止になりました。
そんななか小さな町の花火が続いている。

裏の話も聞きました。

花火を見るときには早くいって地元でビールや食べ物を購入しましょう。
町の人たち、商工会の人たちなどはいろいろ負担をしています。
花火大会の運営、資金、さらにはゴミの掃除。

ゴミだけ置いて帰るような他府県ナンバーの車にはならないように
しないといけませんね。

私はビールを大量に購入。父、母、私で飲み尽くしました。
はい。私の母もビールが大好き。遺伝ですね。
飲んでもいいようにトイレの近い場所にシートを敷き陣取ります。

帰りは地元のタクシー。太田の地理が分からないかたでした。
一家で大いびき。
家まで眠らないように案内するのが辛かったな。



桐生祭り 群馬県桐生市
桐生祭りに行きました。

昼から行きました。
祭りの準備をしている気だるい感じが好きな私です。

道路に好きなように露店が置いてある。
天下の公道は俺たちのものだ。

車でたまたま通ると迷惑でしょうがこんな風景は日本の昔からの姿です。
大好き、いつまでもこのままであって欲しい。

子供神輿です。この後交通規制が始まる前から桐生市内の道路を練り歩きます。
いいんです、それが祭りです。
周りの叔父さんたちにはアルコールが入っている人もおおい。
この昼から夜まで飲み続けるのでしょう。

これぞ日本の祭りです。



夜になり祭りが盛り上がる。
桐生の祭りの特徴は一般の人が気安く踊りの輪に入ることです。
子供を抱いた母さんまで踊ります。

こうして桐生の夜は深けていきます。
祭りの終わった明日にはまた静かな桐生商店街にもどります。


世良田祇園 群馬県太田市

世良田の祇園に行きました。平成21年7月25日夜です。
当日剣道の部内試合がありました。
私、平原の成績は1勝2わけ。

練習が終わったあと一人で寂しく世良田の八坂神社に向かいます。
嫁さんと娘はお家でアイスを食べています。

周囲は交通規制はありませんでした。
世良田の交差点から八坂神社へ向かう道を歩きます。

にぎやかな祭りばやしが聞こえます。

太鼓のたたき手にはいろんな人がいます。
若い人ばかりではありません。
結構いいかも。

綺麗な山車です。暗い夜空に目立ちます。

山車の上に乗っている人。
気持ちよさそう。乗せてください。

神輿を担いでいるおじさん達。

大勢のおじさん達。

神輿には水を掛けます。
そばにいると水がかかります。
今日は剣道をしたあとお風呂にまだ入っていないので丁度いいかも。
でもカメラはすこし困る。

八坂神社の神主さんが現れます。

この男性が祭りの主役でしょうか。
盛り上がっています。
神輿の中に水を入れました。

こんな叔父さんになりたい。

演奏に熱が入ります。

金属の音が他の夏祭りとは違って印象的。

山車の移動です。
鬼石祭りの山車よりゆっくりと動きます。

町内会の人たちが向きを変えて押していきます。



歴史のあるお祭りを地域の方ががんばってやっています。
太田近郊に住んでいる方は見に行きましょう。

参加したいですね。
平成21年7月25日土曜日 




小林山だるま市

縁起達磨の発祥のちとされる群馬県高崎市の達磨寺でのだるま市です。
今年は行けず以前の写真です。
境内や参道はだるまの露天や飲食の出店が続いていて驚きでした。
暗い夜の街に生まれた光る街。
平原医院の院長の小林山だるま寺の紹介。
平原医院の院長の小林山だるま寺の紹介
境内には人があふれています。
暗い境内には明かりがともされています。
平原医院の院長の小林山だるま寺の紹介
平原医院の院長の小林山だるま寺の紹介
古いだるまを納めるところ。
平原医院の院長の小林山だるま寺の紹介
平原医院の院長の小林山だるま寺の紹介
平原医院の院長の小林山だるま寺の紹介
こちらはだるまを売る露天。
平原医院の院長の小林山だるま寺の紹介
この達磨はよく見かけるだるま。
色違いがあるのには驚いた。
金色や青色がある。
平原医院の院長の小林山だるま寺の紹介
平原医院の院長の小林山だるま寺の紹介
平原医院の院長の小林山だるま寺の紹介
達磨の目を入れてもらうと300円。
平原医院の院長の小林山だるま寺の紹介
平原医院の院長の小林山だるま寺の紹介
平原医院の院長の小林山だるま寺の紹介
境内には飲食の露天がたくさんある。
帰るに帰れない。
露天の並ぶ道をとおらないと帰れない。
平原医院の院長の小林山だるま寺の紹介
今回は車で行ったのでアルコールはだめ。
飲んだら乗るな
乗るなら飲むな。

でもおじさん達がみな酒を飲んで楽しそうにしていた。
平原医院の院長の小林山だるま寺の紹介
こんな飲み友達がいるおじさんは幸せ。
人生生き方はいろいろ。
なにに幸せを感じることができるか。

色々なことから幸せを感じられるようになりたい。


         このページのtopへ

桐生恵比寿講

11月19日夜恵比寿講に行きます。

医院の仕事が終わりさらに剣道の練習を済ませてからいきました。
本当は剣道は休もうと思いましたが嫁さんが体調不調で子供をつれて行き自分も練習します。時間が遅くなります。

桐生は車を置く場所をあまり知りません。
以前に行って車が置けなくて困った覚えがあります。

自転車を積んで行きました。

桐生に着いたのは夜11時過ぎ。
寒い。自転車は特に寒い。

完全装備でいきます。

一の湯。以前来ました。暖簾がはずれ終う準備をしています。

矢野本店も終っています。当たり前だ。

西宮神宮に近づくと暗い夜の中に明るく光る場所があります。
紅葉の葉が光にあたり赤く見えました。

花が咲いているように見えました。
綺麗。でもとても寒い。

営業が終わったお店が並んでいます。
お店がたくさん。お店の人たちが宴会をしている。
楽しそう。混ぜて欲しいな。


恵比寿講が来ると同時に冬も来るといいます。
これから寒くなります。

電気が点けたまま。的屋の心意気。
とても綺麗。まるで別の世界にいるよう。
おとぎの国。

美しさに見とれていました。
暗い夜の中に輝く場所。

お宮に向かいます。




時間が早いと混んでいる場所も深夜になると静か。

提灯が綺麗。


ここで出し物があったようです。


静まり返る祭りのあと。
明日を待つ。

来年は夕方来ようと思います。
桐生の方に車の置き場所を聞きましょう。

        このページのtopへ
下仁田 諏訪神社秋季例大祭

諏訪神社秋季例大祭にいってきました。
仕事を終わりにして高速道路で下仁田に向かいます。

下仁田について車の置き場所を探します。
お店の駐車場に置かせてもらいます。
きちんと買い物をして。

表から太鼓の音。山車の運行が始まっています。
暗い夜の中に明るい山車。
下仁田の秋祭り
平原内科の院長はお祭りが好き
院長はほんとはお祭りに参加したい。
2台の山車が競り合いをしています。

山車が顔を向き合わせて太鼓をたたく。
勇壮な太鼓と案内には紹介されていますが優しい感じです。
太鼓の敲き手には少女が多いからでしょう。
一緒に騒いでお酒も飲みたい。
お祭りに真剣なおじさん達。
すこし羨ましい。
お祭りに入れてね。
近くのお店で焼き鳥と焼き饅頭を買って道端で食べる。
とてもおいしい。
ビールも購入。道端宴会モードに入ります。
この焼き鳥のお店はお祭りの終わった後連休を取るようです。
いいね。

山車をみている私の二人の娘にも参加させてやりたいな。
地方の町は住んで見たほうが楽しそうです。
         このページのtopへ






尾島夏祭り 8月14日

平原内科の院長はお祭りが好き。尾島祭りは大好き。
尾島の夏祭りにいってきました。
大きなねぷたは上側が折れるようになっていて電線の下をくぐります平原内科の院長はお祭りが好き。尾島祭りは大好き。
いつか太鼓がたたきたい。
雲行きが怪しくなり雨支度を始めるねぷた達。

平原内科の院長はお祭りが好き。尾島祭りは大好き。
平原内科の院長はお祭りが好き。尾島祭りは大好き。
太鼓もビニールでカバー。雨仕様です。
平原内科の院長はお祭りが好き。尾島祭りは大好き。
夜になり天気も回復。
暗闇にねぷたは綺麗です。

大きなねぷたが交差点でぐるりと回るのは迫力。

     このページのtopへ

昨年の鬼石祭り

 鬼石町の夏祭りも好きです。
院長は以前若いころ鬼石町立病院に勤務していました。
 そのときに職員がお祭りの練習のため欠勤していました。えそんなのいいの。みな当たり前のことと受け止めていました。

 太鼓をたたくのは子供の頃から練習をした人だけに許されるそうです。

平原内科の院長はお祭りが好き。鬼石祭りも大好き。こんな街に生まれたかった
鬼石の山車です。
真剣に夏祭りをするのは見ていて気持ちがいい。
やるからには中途半端ではなくまじめに。

皆さんも鬼石の夏祭りを見に行ってください。日本の夏祭りの姿です。

     このページのtopへ


 
平原内科・消化器科 
群馬県太田市小舞木町226
0276‐45‐3891
 
Home お知らせ 医師のご紹介 当院のご案内 以前の平原医院 交通案内・アクセス 診療案内 
生活習慣病 経鼻内視鏡検査・胃疾患 大腸内視鏡検査・大腸疾患 肝臓病治療 禁煙外来・AGA・ED 
漢方薬のページ 中年からのスポーツ  銭湯  太田近郊 猫の紹介 平原内科消化器科の日記
携帯平原内科消化器科 職員募集  リンク サイトマップ


Copy right© hirahara clinic All rights reserved
inserted by FC2 system