群馬県太田市の平原内科・消化器科です大腸内視鏡は検査だけでなく大腸ポリープ内視鏡切除、日帰り内視鏡手術をしてます。潰瘍性大腸炎や過敏性大腸炎の説明です。

群馬県太田市平原内科・消化器科 hirahara clinic

群馬県太田市平原内科・消化器科

Home
お知らせ
医師のご紹介
当院のご案内
以前の平原医院
交通案内・アクセス
診療案内
生活習慣病
経鼻内視鏡検査
胃疾患
大腸内視鏡検査
大腸疾患
肝臓病治療
禁煙外来、AGA
漢方薬の紹介、理事長のページ
 
 
中年からのスポーツについて
太田近郊銭湯の紹介
太田近郊とお祭りの紹介
猫の紹介
平原内科消化器科のブログ


 
職員募集
携帯用の平原内科・消化器科のページ
サイトマップ
リンク
  
  大腸疾患、大腸検査について


大腸内視鏡検査の実際
1 大腸検査。大腸内視鏡写真。
2 大腸ポリープについて
a 側方進展型腫瘍とは。
b 大腸sm癌を疑う所見とは。
c 大腸非腫瘍性ポリープ
3 内視鏡切除の方法
4 大腸癌検査を受けたほうがよい方
5 検査はつらいでしょうか
6 大腸がん、大腸ポリープを予防するには。
7 潰瘍性大腸炎とは
8 大腸憩室症とは
9 過敏性大腸症候群





大腸内視鏡
  


       @ 大腸検査。大腸内視鏡写真      TOPへ
 大腸の検査については患者さんは痛くて辛い検査だとお聞きした方もあると重います。院長は十分な治療経験を持っています。

 上手な医師が行えば痛くなく(お腹が張る感じは出ます。観察の時に空気を入れるからです。)また確りとした検査ができる可能性も多いです。

 また不安が強い方や以前の検査で辛い思いをされた方は麻酔を使用して検査をすることもできます。麻酔を使う場合には車で来院するのは帰りが危険です。家人に送迎をしてもらってください。


大腸内視鏡検査とは、肛門より直接内視鏡を挿入して大腸内を直接観察し、大腸の炎症性の病気(腸のただれ、傷)・大腸ポリープ・大腸癌などを診断する検査です。


平原内科消化器科での検査の流れについて説明します。

 初めに院長から検査内容の説明とポリープがあった時の話また検査、処置の危険性等の説明があります。
 その後看護師から検査の流れや食事等の注意事項のがあります。

 また麻酔をするかどうかご希望をお聞きします。麻酔についての危険性や車の運転が当日できない等について説明をします。



 検査当日に内服していただく腸管洗浄のお薬の説明も一緒にします。

 腸内洗浄とは、大腸の中に食物の残渣(便)が残っていると検査の妨げになり、正確な診断が得られないため内服していただくお薬のことです。

腸内洗浄のお薬について当院ではいくつか準備してあります。どれがいいか相談して選びましょう。

  2リットルの液体・・・ポカリスエットのような香りがしてお口の中に入れるとしょっぱい感じの液体です。


 1.0リットルの液体 もあります。
モビプレップというもので梅の味です。

排便に途中から勢いがついてくる感じです。

 

錠剤での前処置ビジクリア


2リットルの水分(ミネラルウオーター、緑茶、麦茶、ウーロン茶など)をご自身で準備していただき、15分の間に5錠を200mlの水分で内服。それを10回繰り返し、2時間半かけて飲んでいただきます。

以前、大腸内視鏡検査の時、液体がうまく内服できなかった方は錠剤をお勧めします。

錠剤は40錠から50錠服用する必要があります。


 最近でできた薬でピコレップという前処置があります。
まだ当院でも使い始めたばかりです。年齢が若くて排便状態の良い方でます導入しています。



◎ 検査当日
 朝食を食べずに午前8時半までに来院してください。(午前は腸内洗浄液を飲んで排便して、検査は午後からになります。)

 検査前日の下剤を内服しても排便がなかったり、お腹がずっと張っていたり、痛かったりされる方は医師または看護師にお話ください。  
 場合によりお腹のレントゲンを撮ります。大腸の病気などで腸が詰まっている場合があります。疑われる場合には腸の洗浄剤を使わずに検査を行います。

荷物をロッカーに入れていただきます。

検査の準備を始めます。


 腸管洗浄のお薬を飲みます。前記@Aそれぞれの内服方法、注意事項等の説明をします。

 そしてこれらのお薬は、下剤ではありませんので内服しても下剤特有の便意があまり出てきません。ご自身からトイレに通って排便していただくようになります。

 初めは普通の便→軟らかい便→水っぽい便→透明な水へと便は変化していきます。

 この時軽く腰を横に振ったり、軽い足踏みをしていただくと便が早くきれいになります。

 どちらのお薬も10回以上トイレに行っていただくようになります。よい検査ができるようご協力お願いします。

 これから検査が始まります。

 こちらで準備した紙パンツとガウンに着替えます。

腸の動きを一時的に、鈍くさせるお注射を打ちます。
(前立腺肥大症、緑内障、心臓の病気のある方はお申し出ください。)
 
当院の内視鏡は、Q260AI(可変式)を使用しています。
この内視鏡は、内視鏡の先端の硬さが変化するためスムーズに検査をすすめることができます。

検査中は、お腹で大きくゆっくり呼吸をして、
なるべく肩の力を抜くように心がけてください。

検査終了です。

検査後トイレに行っていただき、ウオッシュレットでおしりを洗浄、おならをたくさん出してください。

検査時腸の中に空気を入れ腸壁をひろげて病気の観察をします。検査終了前に医師が内視鏡で空気を抜きますが、多少残ってしまいますのでその空気を出してください。

ポリープを切除された方・・・検査が終了したら、傷口から出血しないよう点滴をします。

お着替えができたら看護師に声をかけください。
点滴終了後医師より検査結果、注意事項の説明があります。


ポリープ、生検の細胞の結果は10日前後かかります。

費用の目安です
3割負担の方では生倹を行わない場合には、
5590円(錠剤)から4980円(ニフレック)

組織検査をおこなったばあい
10000円前後です。9600円から8990円

ポリープを切除した場合
25680円ぐらいに点滴、レントゲン、止血剤などが入るため
30000円前後になります。

一割負担の方はこの3分の1になります。


 

 
 A 大腸ポリープについて。    TOPへ
 
 大腸ポリープとは大腸に出来る主として隆起性の病気をさしていうことばです。

 大腸ポリープには大きく分け
 腫瘍性ポリープと
 非腫瘍性ポリープとに分けられます。 
 
非腫瘍性ポリープには
 @炎症性ポリープ、A過形成性ポリープ
B過誤腫性ポリープがあります。
腫瘍性ポリープは癌化の可能性があり治療の必要性があります。

 ポリープを認めた場合には必要があれば内視鏡的ポリープ切除を行います。組織を確認する目的で生検を行うこともあります。

 5ミリ以上と考えられる腺腫性ポリープ病変は治療を行うことがよいと考えます。癌がある場合にそのまま治療が出来ること
、きちんとした組織診断がつきその後の方針が立てることができます。

 癌があった場合にはその大きさや深さによって転移の危険性がある場合には外科手術を受けて頂かなければならないこともあります。

 ポリープの形態より内視鏡治療が危険や不可能と判断される場合には当日は組織検査のみ行い後日治療方針について相談させていただきます。


 実際の大腸検査の画像です

  大腸内視鏡
  大腸の一番奥側、盲腸を内側から見ている場所です。

  大腸内視鏡
  大腸の中です。このようにひだが在るので注意深く
  観察していきます。

  大腸内視鏡
  ポリープを認めます。腺腫と考えられます。大きさは約15ミリと考えられます。治療が必要です。

  大腸内視鏡
  ポリープの基部に止血剤を注入します。安全確実にポリープを切除するためです。

  大腸内視鏡
  電気メスで切除します。痛みは感じません。

  大腸内視鏡
  切除されました。

  大腸内視鏡
  切除後の合併症を防ぐために内視鏡的にクリップと呼ばれる道具で縫い合わせます。





側方進展型腫瘍laterally spreading tumor
すこし詳しい話です。横に広い形のポリープについての話です。

分類
1 非顆粒型non-granular type
深達度が深いことがある。30ミリで半数がsm浸潤になる。EMRでは注意が必要。

2 顆粒均一型 homogenous granular type
30ミリ以下ではmのみ。内視鏡治療のよい適応と考えられる。分割切除も可能。

3 結節混在型 nodular mixed type
20ミリ以上でsmが40%粗大結節部で粘膜下浸潤を認める。
内視鏡治療では粗大結節を注意して治療する。

大腸癌のsm浸潤について。

癌が粘膜下層に深部浸潤すると
@病変表層の陥凹形成
A腫瘍表層が削り取られたような脱落所見
B腫瘍表層の凸凹
C結節状小隆起の形成


違う表現では
@明瞭で深い陥凹
A病変の進展不良
B壁肥厚所見を伴う病変での立ち上がり部の非腫瘍粘膜の存在
Cなだらかな二段隆起
Dひだ集中


このような所見がある場合には内視鏡治療は困難と判断します。


大腸非腫瘍性ポリープについて。
@炎症性ポリープ
組織学的異型性はない。正常粘膜がポリープ状に突出隆起したもの。多くは炎症性腸疾患に多発する。
表面性情は光沢のある正常粘膜からなる。

A過形成性ポリープ
過形成結節 大腸粘膜の腺管上皮の過形成からなる病変で異型性はない。
5ミリ以下の白色調扁平隆起

過形成がさらに高度になると腺管上皮の鋸歯状の増生を示すものを狭義の過形成ポリープと呼んでいる。
化生性ポリープmetaplastic polypと同義語。

B過誤腫性ポリープhamartomatous polyp
若年性ポリープjuvenile polyp 有茎性ポリープで表面は糜爛発赤を伴う。
癌化はほとんどないが腸重積の原因になるため内視鏡切除が望ましい。

peutz-jeghersポリープ peutz-jeghers症候群に見られるようなポリープ。
粘膜筋板の樹枝状分岐が著明。

colonic mucosabmucosal elongated polyp

inflammatory fibroid polyp

 B内視鏡切除の方法(オリンパス社のサイトから) TOPへ


   隆起性病変に対しての治療
     

   平坦な病変に対しての治療
    
     C大腸癌検査を受けたほうがよいTOPへ

健康診断人間ドックで便潜血が陽性の方
痛みなく便に血が混じっている。便に血がつくかた。痛みがあれば痔の可能性が高くなりますが直腸指疹はうけられたほうがよいとおもいます。
最近下痢や便秘になったり、下腹部に痛みの続く方
兄弟両親など近親者に大腸ポリープや大腸がんがある方

上の項目に当てはまる方は大腸がんの可能性が高いと考えられます。検査をお勧めします。


  D検査はつらいでしょうかTOPへ

 大腸検査は医師の技量差がはっきり出ます。上手な医師がやれば苦痛は少なく検査が出来ます。院長は多くの検査を行い経験豊富です。
 癒着などがあれば麻酔など工夫して行います。


  E大腸がんと大腸ポリープを予防するにはTOPへ


  @便通を整える。散歩などの運動がよいことが分かっています。歩行の少ない方は運動を心がけましょう

 A食事
 脂肪の多い食べ物を減らし避ける。
 食物繊維の多い食べ物
 肉を減らし魚を増やす。簡単に考えれば、これは和食を食べたほうがいいことになります。日 本食を見直しましょう。欧米の食生活がいいわけでありません。
大腸がんの最近の話題。

過形成ポリープからの癌化があることがわかった。
@adenoma-carcinoma sequence
APC遺伝子に変異がおきて線種になる。
K-ras遺伝子の変異で異型度が高くなる
p53遺伝子の変異で癌になる。

Aserrated pathway
線種と過形成ポリープが混在する状態を鋸歯状腺種(serrated polyp)という。
従来発癌しないとされていた過形成ポリープの一部から鋸歯状腺種をえて発癌することがわかった。


手術不能大腸癌に対する化学療法の進歩
1990年代には平均生存期間が約10ヶ月
イリノテカンにより15ヶ月
アバスチンにより25ヶ月に伸びている。





  
  F 潰瘍性大腸炎と言われた。 TOPへ

 若い人に多いと言われる潰瘍性大腸炎。
腹痛や下痢が長く続いている方は注意が必要です。若い方だけでなく中高年でも発症が増えています。当院では潰瘍性大腸炎の治療をおこなっています。この疾患は特定疾患と呼ばれるもので医療費の補助が得られます。

 顆粒球除去療法。
 治療中の方の急性増悪に使用します。透析に似た治療ですが5回から10回の治療です。ス テロイドの増量に比べ副作用、効果どちらも期待できます。

 


   G大腸憩室症とは  TOPへ
突然の下血、肛門から血液がでてしまうことがあります。
原因を調べますが最近多いなとおもうのは大腸憩室症です。


   H過敏性大腸症候群とはTOPへ
過敏性大腸炎とは。
いつも腹痛や腹部不快感がある。
いつ下痢になるか常に心配である。
いつも便秘と下痢が交互に起こる。
急な下痢や腹痛でトイレに駆け込むことが多い。
こんな症状のある患者さんです

定義としては
「器質的疾患を伴わず、腹痛、腹部不快感と便通異常(下痢、便秘)を主体とし、それら消化器症状が長期間持続もしくは悪化、改善を繰り返す機能性疾患。」
ストレスによる脳腸相関の異常。簡単にいえばストレスがお腹に来たと考えればいいと思います。

日本成人のIBS有病率は12.5%と報告され意外と多い疾患です。
若年層に多く男性は下痢型、女性は便秘型が多いといわれます。

治療はまず器質的疾患の否定をします。癌などがないことを患者さんにしっかり証明します。便鮮血検査または大腸内視鏡検査を行います。

癌がないことが分かるだけでよくなる方もいます。ここが神経によるものなのです。
専門医は便鮮血反応だけでなく大腸内視鏡検査を進める医師が多いでしょう。
歩行などの運動も効果的です。

症状を見ながら内服薬の調整を行います。

今年10月に新薬が出ます。男性の下痢型に適応があります。効果の発現が早いようです。イリボー(5μg)です。

便秘のある方には副作用の問題があり使用しません。
過敏性腸症候群その2

1.過敏性腸症候群とは

腹痛や腹部不快感などの下腹部を中心とした腹部症状、また便秘あるいは下痢などの便通異常を症状としますが、その症状の原因となる器質的障害を認めない腸管の機能性疾患です。しかしその症状は深刻でQOL(生活の質)を低下させることも少なくなく、20〜40歳代に多いことから学業や就業に支障をきたすため近年重要視されています。またストレス社会の先進国に多く、一種の文明病とも考えられています。

2.原因

大腸を中心とした消化管運動の異常、消化管知覚閾値の低下、ストレスなどの心理的要因、ライフスタイルの歪みなどが要因と考えられています。しかし単一要因であることは少なく、むしろいくつかの要因が複合的に関与していることが多いようです。

3.症状

便通状態から「便秘型」と「下痢型」、そしてその両方を交互に繰り返す「交替型」に分類されます。「便秘型」はコロコロとした便で出にくく、排便後も残便があります。「下痢型」は軟便や水様便、粘液便が頻繁に出ます。また、どの型にも起こり得る症状として、排便により軽快する傾向のある下腹部の痛みや不快感、おなら、腹鳴、膨満感、吐き気などがあります。さらに、めまい・頭痛・動悸・肩凝りなどの自律神経失調症状や不安感・落ち込み・イライラ・不眠などの精神症状がみられることもあります。

4.診断

大腸癌、クローン病や潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患、感染性腸炎、虚血性腸炎、大腸憩室症などの腸疾患や腎泌尿器系、婦人科系、後腹膜疾患など器質的疾患の除外により診断されます。

5.治療

器質的障害を伴っていないため保存的治療が行われます。その中心は生活習慣の改善と食事療法、消化管運動機能調節薬を中心とした薬物療法が中心となります。食事は夜間の大食、刺激物や脂肪分の多いものは避ける必要があります。特定の食物で症状が起きやすい人は、それを避けることで改善が期待できます。また、線維質の多い食品や乳酸菌食品を意識して摂取することで症状が軽快することもあります。

薬物療法は便性状に合わせた腸管運動および内容物を調整する薬剤を用います。また内臓感覚や脳の過敏性を調整するため、あるいは自律神経失調症状や精神症状がみられる場合は、抑うつ感や不安を抑える薬を使うこともあります。




平原内科・消化器科 
群馬県太田市小舞木町226
0276‐45‐3891
 
Home お知らせ 医師のご紹介 当院のご案内 以前の平原医院 交通案内・アクセス 診療案内 
生活習慣病 経鼻内視鏡検査・胃疾患 大腸内視鏡検査・大腸疾患 肝臓病治療 禁煙外来・AGA・ED 
漢方薬のページ 中年からのスポーツ  銭湯  太田近郊 猫の紹介 平原内科消化器科の日記
携帯平原内科消化器科 職員募集  リンク サイトマップ



Copy right© hirahara clinic All rights reserved
inserted by FC2 system